頑固な汚れもイチコロ

換気扇は料理をする際に必須の物です。部屋の中に充満してしまうにおいを軽減することができます。コンロの真上に位置しているため、油や煙などがダイレクトで換気扇に行くので、その分汚れも貯まりやすいです。そのため、油汚れやにおいがこびり付いている事も多く、掃除するのが一苦労です。換気扇は業者に依頼することもできますが、自分で行なうことでコストを削減できます。それに、簡な方法で汚れを落としやすくすることもできるので、簡単な汚れでしたら自分でやった方が早いでしょう。換気扇の汚れには、重曹を使うだけでかなり効果的です。重曹を使って楽に掃除をすすめましょう。

換気扇を重曹を使ってそうじするためには下準備が必要です。ここでポイントとなるのが、重曹を水でとかしておくことです。水またはお湯で重曹をよーく溶かします。それをスプレーボトルなどに入れたら完成です。簡単に作ることができますが、日持ちしないので、作った分はその日の内で消化しきれるようにしましょう。もう一つ準備しておきたいのが、少し固めの布です。こびり付いた汚れは硬いので、ジーンズの切れ端のように固めの布があると便利です。換気扇のパーツを順番よく取り外していきます。換気扇やフィルターにも汚れがついているので、汚れをまとめて落としたいなら、シンクなどに重曹水をためてつけておくと簡単に落ちます。重曹水で汚れが浮いてくるので掃除も簡単にできます。レンジフードには油汚れがついているので、スプレーボトルを吹きかけましょう。吹き付けて数分後に汚れが浮くので、固めの布を使って吹き取りましょう。どうしても落ちない頑固な汚れがあったなら重曹の割合を多くして、水をちょっと足したくらいのペースト状の重曹を塗り付けましょう。だいたいの汚れはイチコロです。料理のあと、こまめに拭く習慣をつけると掃除かかなり楽になります。

ダクト汚れの原因

ダクトは空気を循環させるために必要な場所です。そのため、ダクトが汚れると嫌なにおいやカビ、ダニが発生してしまいます。その空気を身体にいれると悪影響なのでこまめに掃除して綺麗な環境を保ちましょう。

Read more

業者に依頼する利点

ダクト掃除は、自分で筋することも可能ですが、専門の業者に依頼した方が楽ですし、なによりかなり綺麗に掃除してくれます。自分でできない場も専門のスキルで解決してくれます。

Read more

ダクト掃除時期

ダクトの掃除は10年前後で行なうとよいとされています。10年以上の放置は異常をもたらす原因となります。ダクトによってタイプもあるので、わからないことがあったら業者に相談してみましょう。無料見積もりをとることもできます。

Read more

建物全体の流れ道

ダクトは建物全体を通して空気の循環をよくするものです。そのため、ダクトに異常が発生して止まってしまうと大変です。汚れたままの状態は電気代もかかりますし、寿命を縮める原因にもなります。

Read more