ダクト汚れの原因 | 換気扇周りの汚れを徹底的に攻略~空気も汚れもピッカピカ~

ダクト汚れの原因

なぜダクトは汚れるのか

ビルやマンションなど人間は生活の大半を建物の中で暮らしています。しかし、建物で過ごしていると、建物内は少しずつ汚れてしまい、定期的に清掃を行う事が必要になります。床や窓などは定期的に清掃を行いますが、空気を循環させるダクトなどはあまり清掃を行わないでしょう。もし、この様な汚れを放って置いてダクト清掃を行わないと新鮮な空気を吸う事は出来なくなるので、床や窓などと同じ様に定期的なダクト清掃が必要になります。ダクトの汚れの原因となる物質のほとんどは、屋内で発生する埃や塵など人の目には見えない物質が原因になっており、建物に人が居住している以上はダクト清掃の必要性がでてきます。また、建物内の出入りが激しいとそれだけダクトの汚れの原因物質も多くなるので、建物の使用状況によってダクト清掃の頻度も変わってきます。

汚れたままだと空調設備は正常に機能しなくなる

空調設備は建築物内部で複雑に入り組んでおり、建物の隅々まで空気を循環させる様になっています。基本的な構造は、外部に設置されている空調機から空気を取り入れてダクト配管を通して建物内に清潔な空気を出し、それとは逆に建物内の汚染された空気はダクトを通して空調機から排出されています。この様に、建物内の空気の循環は空調機に依存していますが、もしダクト清掃を行わない状態だとダクト内に埃や塵が堆積してしまう為、空調性能は大幅に落ちてしまいます。それに、ダクト清掃を行わないままだと、ダクトを通して建物全体に汚染された空気が排出される為人体にも影響がでてきます。堆積した埃や塵は、カビの発生やウイルスの原因となってしまいます。この様な事にならない為にも、ダクト清掃は定期的に行っておく事が賢明でしょう。