ダクト掃除時期 | 換気扇周りの汚れを徹底的に攻略~空気も汚れもピッカピカ~

ダクト掃除時期

10年前後でダクト清掃を行う

マンションには、室内の換気の為に換気設備と共に換気ダクトが必ず設置されています。換気ダクトは、天井裏に設置されている配管の事を言い、トイレなどの換気扇などによって吸排出される空気の通り道になっています。換気扇から吸排出される空気には、油や埃などが含まれているので、時間が経つにつれダクトに汚れが溜まってしまいます。マンションなどの場合は、およそ10年前後でダクト清掃の必要性が出てきて、それ以上ダクト清掃を行わないと、正常に換気が行われるないばかりでなく、壁紙や外壁の汚れの原因になってしまいます。ダクト内の汚れによる換気の不具合は、一般の方では直す事ができないので、定期的なダクト清掃を専門業者に頼む事が必要です。

換気ダクトは系統によって不具合が違う

換気ダクトは住宅設備の必需品になっていますが、それらは大まかに2系統に分かれています。一つは台所の換気ダクトで、もう一つはお風呂やトイレなどの水回りの換気ダクトです。台所の換気ダクトは油を含んだ汚れが付着しやすく、その汚れによって防火ダンパーが正常に機能しにくくなりやすい換気ダクトです。また、屋外に設置されている排出口から油が排出される為、ダクト清掃を行わないと外壁が汚れてしまう不具合なども発生します。水回りの換気ダクトはカビなどの発生が起こりやすい換気ダクトです。カビを放置しておくと、人体に影響があるばかりか、ダクト内が結露しやすくなってしまう為、ダクトの錆の原因にもなってしまいます。換気ダクトは住宅設備の必需品なので、大規模な修繕になってしまう前にも、10年程度を目安にダクト清掃を行う必要があります。